【ファインハーブ(医薬部外品)、バーニングハーブ(医薬部外品)】について
YOSAで使用するハーブは、11種類の厳選されたハーブを、高い実績を誇る漢医学者の手により独自に配合し、医薬部外品の許可を取得したハーブブレンドです。
「YOSAファインハーブ(医薬部外品)」は高い美肌効果に焦点をあてたノーマルタイプ、「YOSAバーニングハーブ(医薬部外品)」は高い美肌効果に加え、より一層デトックス効果を高めたハードタイプとなっております。 サロンでは、お客様のご希望や目的、その日の体調にあわせたものを使用します。


【11種類の厳選された「YOSAハーブ」(医薬部外品)の素材】
           



漢方では、根を鎮痛・鎮静・生理痛などの婦人病の薬として広く用います。浴槽に入れて入浴すると血行が良くなり、新陳代謝を促す作用があるため、血行障害による冷え症・しもやけなどの改善に使われます。 また、葉や茎の持つ芳香には鎮静作用があり、香りによるリラクゼーション効果も得られます。


トウキなど他の生薬と配合することで血管を広げ、血液の循環を良くする働きがあるため、漢方では婦人病の症状を改善する薬として使われています。 また、浴槽に入れて入浴すると血行が良くなり、不眠・頭痛・冷え・冷えが原因の腹痛や生理不順などの状態を緩和します。


ウンシュウミカンの成熟した果実の皮を干したもの。 漢方では消化不良・吐き気などの症状改善に使います。入浴時に浴槽に入れると、血行促進効果で身体が温まり、深刻な冷えや冷えが原因の肩こり・腰痛などの改善に効果があります。 爽やかな香りによるリラクゼーション効果とともに、皮に含まれるクエン酸やビタミンCの働きで美肌効果も期待できます。


チョウジはクローブとも呼ばれ、スパイスとして古くから使われてきました。 胃液の分泌を高め、食欲を増進するので、健胃薬として使われるほか、身体を温める作用があり、腹部の冷えの改善に使われます。 また、チョウジ油に含まれる成分には鎮静作用と殺菌作用があるため、皮膚を清浄にする働きがあります。


ガイヨウはヨモギの葉を乾燥させたものです。 漢方では身体を温め、食欲増進・止血・下痢などに効果があるとされます。煎じて飲むほかに、塗り薬として傷などにも効く万能薬として用いられ「名医草」という別名があります。 浴槽に入れると血行が良くなり、冷え症・腰痛・関節痛を改善するほか、肌の乾燥やあせも・湿疹などにも効果があります。


カミツレはヨーロッパではカモミールとして古くからさまざまな病気の治療薬として利用されてきました。最近では日本でもハーブティーや入浴剤として用いられています。 香りには鎮静作用があり、不眠症の改善に効果があるほか、浴槽に入れると肌を滑らかにし、腰痛・リウマチ・神経痛などの改善に効果があります。


ウイキョウはフェンネルとも呼ばれ、スパイスとして広く使われています。 独特の爽やかな香りを持つ健胃薬として、食欲増進・胃腸疾患に効果があります。冷えの改善にも効果があり、浴槽に入れることで冷えが原因の腹痛や腰痛の緩和にも効果を発揮します。 抗菌作用によって外傷にも効果があります。


ダイダイの成熟した果実の皮を乾燥させたもの。 おもに食欲不振時などの健胃薬として用いられるほか、自律神経の緊張をほぐし、それが原因の痰の除去にも効果があります。 浴槽に入れると血行を良くする作用があるため、手足の冷えや、冷えが原因でおこる肩こり・腰痛などの改善に効果があります。 爽やかな香りにはリラクゼーション効果もあります。


葉が重なり合う様子が鎧に似ていることから名づけられた、ヨロイグサの根を乾燥させたものをビャクシと呼びます。 漢方では、鎮静・鎮痛・止血・浄血に効果があるとして配合されています。 皮膚に潤いを与え、かゆみを抑える作用があるため、あせも・湿疹・乾燥によるかゆみなどを抑制し、肌をしっとりさせる効果があります。


秋に咲くカワラヨモギの花を夏のうちにつぼみの状態で摘み取り、乾燥させたものです。 漢方では胆汁の分泌を促進させる作用や、肝臓の機能を改善させる作用があるとされています。 また、皮膚のかゆみに効果があるため、乾燥肌・あせも・湿疹などの改善に浴用として使われます。


ケイヒはシナモンとも言い、独特の香りと甘辛い味で、古くから世界各国でスパイスとして用いられてきました。 内服しても、入浴剤としても、血行を良くして新陳代謝を高める作用があるため、冷え症の改善に効果的で、冷えが原因の肩こり・関節痛・腰痛・生理痛などの改善にも効果が期待できます。

■初回限定特典